能州紬織元 絲藝苑

 

 

能登の美しい自然の風景を、四季の移り変りをきものに映す能州紬。  目前の海で採れた海藻で下染めし、草木染めを施した糸を、絵を描くように手で織り上げる独自の手繍織(てすくいおり)が特徴です。     繊細で楽しい柄と植物染料のやさしい色彩、何より自然をまとう心地よさ。石川県の地域ブランドとして愛されてきた紬です。

 

能州紬のふるさと、能登では、ゆっくりと時間が過ぎてゆきます。豊かな自然の中で、自然からいただいた素材で伝統の手技織り上げる楽しさを、それらを身にまとう喜びをあなたにも感じていただけたら幸いです。